天然の歯のような透明感を再現

天然の歯のような透明感を再現

セラミックの特徴として天然歯よりも硬といったことがあるのです。このため長い間使ってると、かみ合わせの歯に負担がかかってしまうことがあげられます。 さらに、オールセラミックの場合は金属を使わないので、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。また、金属は長年使い始めていると溶け出し、歯茎の色が黒くなってしまうことがあるが、オールセラミックではそにみようかな心配がないです。また、治療を行う歯科医師や、被せ物を作成する歯科技工士の腕により、仕上がりが振り回させられるのもデメリットと言えるのかもしれない。オールセラミックは、保険診療ではなくなったので料金が高いことがデメリットです。歯科医院によりまして違いましいるが、一本7〜18万円程の費用がかかります。オールセラミックは、天然の歯のような透明感を再現できる。レジンのノッペリとした白い色とは全く違う、本物の歯と見分けがつかないほどの自然で美しい被せ物を、作ることが出来るのが特徴です。汚れや歯石が、つきにくく落ちやすい素材なので、虫歯や歯周病のリスクも低いと言い伝えられているのです。長年使っていても着色しにくく、変色していない。

トップへ戻る